七五三-髪置・袴着・帯解-

当社は、神職が神社に在中しておりません。完全予約制となります。

11月6日、7日は八王子神社にて、随時七五三祈祷を受け付けております。

6日・・・12時から17時まで

7日・・・9時から11時。13時から17時まで

13日・・・9時から15時まで

14日・・・9時から10時。12時から14時まで


七五三は、古くからの風習である三才の「髪置」、五才の「袴着」、七才の「帯解」に由来すると言われています。

 

現在のように、七五三をお祝いするようになったのは江戸時代からのことで、五代将軍徳川綱吉が息子の徳松の健康を盛大に祈願したことから庶民に広まったと言われています。江戸時代は子供を七五三の年齢まで無事に育てることはとても大変な事だったからです。「七つまでは神の内」と言うように、子供の成長を神様にお願いしていました。

 

七五三では、子供が無事に育つことができたことをお祝いするとともに、これまで見守ってくださった神様やご先祖様に感謝の気持ちを表し、これからの健やかなる成長をお祈りいたします。


お初穂料お一人様・・・5千円

 

当社では、七五三を受けられた方に、お守り、千歳飴、破魔矢、紙風船吹き戻しセットを頒布しております。

 

令和3年度(2021年)の七五三の対象年齢は下記の通りです。

 

  数え年齢 満年齢 性別
3歳

令和元年

平成30年 ●男の子●女の子  
5歳

平成29年

平成28年 ●男の子 
7歳 平成27年 平成26年 ●女の子